FC2ブログ
.
戦国ばさにゃ

-ログ(外部)-
200まで佐助のお花畑箸が転んでも電車猫ツンデレ食堂弁丸様劇場ピクミン迷惑メール
3-13-23-33-43-53-63-73-83-93-10

-305-310-315-320
-325-330-335-340
-345-350-355-360
-365-370-375-380
-385-390-395-400
-405-410-415-420
-425-430-435-440
-445-450-455-460
-465-470-475-480
-485-490-495-500
-505-510-515-520
-525-530-535-540
-545-550-555-560
-565| (-570)|

566NEW:567

~せとうち外伝~
序章?

イロイロ

没1落書1落書2 写真写真2写真3毛利ござる丸ござる丸オマケバトンもろた自慢1没2こぜにいれ城壁の下の佐助関ヶ原真田さんち角間渓谷1角間渓谷2上田城きゃらなり幸佐しゅごきゃら幸佐1しゅごきゃら幸佐2バトン回答没3落書佐助佐助の黒歴史つぶやきぴざはっとゲゲゲの筆頭スーパー武将大戦現代石田軍禁書で石田軍禁書で幸佐NEW:関ヶ原ウォークラリー2011[MAP][写真][絵レポ]|

替え歌ムービー
「旦那の○ルト」「まるかいて真田」

萌えの向くまま
幸佐に情熱を傾けています。飽きたら消えます。二次創作落書きまみれです。オフィシャルとは関係ありません。女性向けのつもりです。同人表現いっぱいです。閲覧者に気を使いません。怒っちゃやーよ。
316
つづき

303-43.png

303-44.png


天然な小十郎が大好きです。
小十郎は政宗様のためにカフェテリアの台所を借りて野菜カレーをこしらえているのです。

ところでゆきさについて妄想していたらituneがメンデルスゾーンの結婚行進曲をかけました。
さなさす結婚式が始まったのかと本気で狼狽えたことはあなたとわたしの秘密だぞ★
スポンサーサイト



315
つづき

303-39.png

303-40.png

303-41.png

303-42.png


真田主従とリフトやゴンドラに乗ってはいけない。
佐助はともかく真田は確実にわかってのろけるぞ。

つづく
314
つづき

303-35.png

303-36.png

303-37.png

303-38.png


相変わらずのあほの真田。
あれ、3コマ目俺に話してんじゃなかった?

がんばれむねたん!
つづき
313

303-32.png

303-33.png

303-34.png


何故伊達が信州のお山にいるのでしょう。
・本当は真田主従をスノボに誘うつもりだった
・土壇場で「俺が一番下手だったらどうしよう」と思った
・慌てて単独特訓中
頑張れむねたん!

つづく
312
つづき

303-29.png

303-30.png

303-31.png


良かったね旦那!

明日もまだ雪山。
311
つづき

303-26.png

303-27.png


303-27.png


303-28.png


つづく
310
つづき

303-23.png

303-24.png

303-25.png


明日もロマンス
309

303-20.png

303-21.png

303-22.png


真夜中までリフトがとまってしまったのはおんたけスキー場です。乗ってる人はひたすらに救出を待ったという。さむいさむいさむい。

つづく

308
つづき

303-16.png

303-17.png

303-18.png

303-19.png


落ちるってアンタ…

明日はロマンス~
307
つづき

303-14.png

303-14.png

303-14.png

303-15.png


何も起きませんでした。続きます。

ではまた明日。
306
つづき

303-10.png

303-11.png

303-12.png

303-13.png


つづく

ペアリフトの事をロマンスリフトと名付けているスキー場が多いです。
独り乗りリフトはきっと旦那が涙目で嫌がる。
305
つづき

303-8.png

303-9.png


全部佐助がよなべして編んだ。
明日につづく。
304
つづき

303-5.png

303-6.png

303-7.png


つづく

旦那が鉢巻きでない珍しい事になったよ。
板のエッジで首切ったという話はゲレンデで爽やかに被害者に語られました。ハイネックシャツのおかげで頸動脈にはいかなかったそうです。
暑くても 脱いで滑るな 首切るぞ(575)

旦那のくびまきの毛糸には佐助が釣り糸みたいな頑丈なのを仕込んである。愛。
303

303-1.png

303-2.png

303-3.png

303-4.png


つづく

佐助はハーフパイプでぴょんぴょん跳べます。ちょう上手いです。でも旦那が真似するといけないので技は封印。
ちなみに跳ぶ気もないのにうっかり飛んでしまった時は身体を丸めてはいけません。
背中から落ちて折りますよ(マジ話)。

ゆきさオンリのついでに滑りに行きたいよ来年~。中級から抜け出したいよ~~。
302

302-1.png

302-2.png

302-3.png

302-4.png


旦那がロマンスを求めて雪山に行くというので明日から雪山連載です。
え、もう四月末?私の周囲はゴールデンウイークもまだまだ雪山ですよ。
301

284-1_20080423031303.png

284-2_20080423031312.png

284-3_20080423031324.png


でも俺様は知っています。
だんながこういう感じに挙動不審に陥ってだんまりしている時は、アレなんです。


284-4_20080423031332.png


副長がやった。
やったともやられたとも絶対に言わないけれど、大体佐助の留守中に旦那が相当なろくでもない事をやらかすと(主に佐助には言えないようなこと)副長の手が出ます。
最初の頃はとっさに手が出て「うわやっべ主さま殴っちゃったよ!」とか覆面の下で青くなってたけどもうなれたので平気でどつきますよ。

3日に出る新刊で旦那は才蔵にどつかれています。事前フォローでした。
中学生×大学生妄想
以前ちろっと書いた中学生×大学生(正確には高三3学期スタートなんですが)、なんか各所でちらほら萌えてくれてたらしく(ありがとうございますー)チャットで思い出しで台詞垂れ流してたんで、ちょっとイロつけてみました。
中学生とあれこれ→ばれたら親とか学校とかがしゃしゃり出て来て別れさせられそう→駆け落ちとかってどーなんかなー
と畳でごろごろ考えてる佐助。



「ねー駆け落ちってさー出来ると思う?」
尋ねると、彼は不思議そうな顔をした。
「掟があるわけでなし追っ手がかかるわけでなし出来ぬ筈があるまい」
そう言われると、ふむ確かにそうかもしれないが。しかし掟だの追っ手だのとはすごい発想だなと何もかも忘れてしまった佐助は思う。
「お前と二人でなら俺はどこにでも行くぞ?」
何の不安もなさそうな顔でにこりと笑ってそんな風に言われると、どうしようもない。そうだな、無人島とはいかないが、果ての島あたりでのんびりと暮らすのも彼となら楽しそうだ、と佐助は思う。きっと金などなくとも生きて行けるのだろう。この少年は大人になってもきっとこのままなのだろうと確信めいた思いがある。
「あんたは可愛いね」
心からそう言ったらとても不思議そうな顔をされた。
「佐助の方がうんと可愛い」
「えー俺様かわいい?」
「食べてしまいたいくらい可愛い」
これを真顔で言うのだからおかしくてたまらない。誘い文句でもくどき文句でも何でもない、これが素で本気なのだから信じられない。
多分、そうでないのなら自分はこんな返し方はしない。
「そんじゃ、食べてもらっちゃおっかなー?」
なんて。
にやりと笑った佐助の目の前で幸村の顔が一瞬ぱっと赤くなったかと思うと嬉しそうに破顔する。
ああ、かわいいなと思って目を閉じたら、仕掛けておいたキッチンタイマーがけたたましく鳴るのが聞こえてしまった。
おや残念。
目を開けたら打って変わって情けなく涙目になっている彼氏の顔が見えて、とうとう佐助は腹をかかえて大笑いしてしまった。
かわいい人だなあ。



ちなみにこのあとキッチンでべたべたする。
あと脳内漫画では和室でごろごろちゅっちゅしながらこんな会話してたよゆきさ。紙にはかけねー…。
300

300-1.png

300-2.png

300-3.png

300-4.png


立ち会い出産の夢を見る旦那。起きて「ややこはどこか」と聞いて外で子供をこしらえてきたのかと思った佐助にぶたれるよ。

愛妻家の弟に7月に子供がはじめて産まれるので、あいつは立ち会うのかなと思って(言い訳)。生々しいからロマンチストの男には見せちゃいけないって意見もありますね。
299

294-13.png

294-14.png

294-15.png


らぶだんご食べたいらぶだんご。誰か作ってくれよう。

佐助はその団子のハート加工を自分がやったと知られるのがたまらなく羞恥なのに、由来のところに「真田家忍軍長猿飛佐助が主人のためにみずから加工」とか書かれるんだよかわいそう。
あきらめろ☆
298
つづき

294-10.png

294-11.png

294-12.png


つづく
297
つづき

294-7.png

294-8.png

294-9.png


つづく

ピンクと緑をふたつづつ4つ串に刺せばいいのに、と思っていたのは私です。
でも白も美味しいんだよね。コンビニのじゃなくて和菓子屋さんのお団子が食べたいです。
296
つづき

294-4.png

294-5.png

294-6.png


両手に佐助、とかは考えない。佐助が余ってもそれがしが余ってもいけないと思うところはゆきにゃんのいいところです。
3○とか知らないだろうなあ…(台無しな事言った)。

続きます。
295

294-1.png

294-2.png

294-3.png


と、スーパーのレジで横目に3色団子を見ながら思いました。
隣の菓子屋がみたらし焼団子ののぼりをたてました。たべたいいいいいいいいい。

つづく
294
つづき

290-17.png

290-18.png


まさにゃんもそれなりに良い目にあえたみたいですよ。おわり。
ちなみに私が描きたかったのは荷馬車で去って行くこじゅうろうとパニクるむねたんです。

ところで中学生×大学生でゆきさ妄想を始めました。旦那中2で。
高校生になってからって言われて色々させてもらえない旦那妄想で寝る前のお布団の中を楽しんでいるの。
年下攻め大好き…。


293
つづき

290-13.png

290-14.png

290-15.png

290-16.png


つづく
292
つづき

290-10.png

290-11.png

290-12.png


こじゅうろうは「おや片倉さま乗っていかれませえ」と言われて乗っただけです。お城に帰ります。
つづく。
291
つづき

290-7.png

290-8.png

290-9.png


ある晴れた昼下がり小十朗が荷馬車に乗っていたとさ。
つづく。
290
つづき
290-4.png

290-5.png

290-6.png


子牛が売られてゆく歌ドナドナ。
つづく。
289

290-1.png

290-2.png

290-3.png

いやあまあほんとその赤い猫の言う通りゆきさすでいっぱいいっぱいなわけです。最低でも8月コミケまで本に書くネタ埋まってるわけです。伊達の入る隙間もなく。ごめん伊達。

つづく。
288
没だったものをオマケとして救出。

283-15.png

283-16.png

283-17.png

283-18.png


ウフフきゃっきゃこいつう!のノリが大好きです。幸せ!バカップル万歳!!

でももっと好きなのは年頃オタクとして当然エロなわけですが。ちくそー。